九州オルガン針㈱は2021年に創業50周年を迎えます
私達はお客様のニーズに合った製品を、共に開発し、製造しています。
We develop with our customer and produce products customer needs.

多面研磨技術

昨年度、新たな市場展開の一助になればと、針の先端を任意の角度、面数、深さで研磨できる多面研磨機を開発しています。そして、今年度は、様々な針を任意の先端形状に加工し、その貫通抵抗や刺さり方を社内で研究してきました。

ミシン針では対象の生地や素材により、先端を丸くしたり、尖らせたりしていましたが、今回の研究により形状そのものを刃物状にすることで切れ味鋭く貫通抵抗値も低くなることが見えてきました。
医療関係で特に人体へ使用する際には血管や臓器などを傷つける恐れもあり、こういった形状は好まれませんが、場面や状況により形状を変更する事で最適な効果を得ることが出来ます。

今年、釣り針業界や、ホビー業界など、様々な分野の方々からの沢山の情報を頂き、先端を多面形状で鋭くしたり、尖らせたりして刺さりやすく、扱いやすい形状の針を望まれていることが解りました。

汎用の研磨機、研削盤での加工も可能ですが、角度設定や微調整、加工物供給方法など幅広く対応できます。

また、私たちが開発した多面研磨機では、それら汎用設備での工数や加工時間よりも短時間で加工しやすい事も判ってきました。

現在、数種類の新規案件をこの多面研磨機を利用しながら開発していますが、皆様からも針・ピンに関する多面研磨、先端形状のご相談あればお気軽にご連絡ください。

お問い合わせページ

多面研磨紹介ページ

 

 

 

Copyright © Kyushu Organ Needle Co., Ltd. All Rights Reserved.